綺麗なおべべ着て


u=643419326,3191446476&fm=21&gp=0.jpg
当然にして赤信号だけれど、そういうものなのだ。世間は甘くはない。で、だからこそ、こっちントまで頂いた。ありがとうございます。で、コメントを頂いた動画を自分で、久しぶりに見てみた。やはり、無駄音が散見(聴)されるにしても、やはり、熱い演奏で、ピアノを奪わDermes 脫毛價錢れた状態の私自身も熱くなった。

ハードライフと灼熱の合間に勝新太郎の「座頭市」をちびちび見て癒されている。諸々の不自由を抱えつつも、自由人である市っつぁん。ちょっとね、自分の姿を重ねて見ているのだろう
なぁー。へへへ、パリのピアノの達人? は、イっつぁんちゅう野郎だっ? あとね、6年代の女優さんたちの綺麗なことっ! なんか今時とは全然違う感じが色っぽいねぇー。

市の台詞 ばさっと切った後ね

「お侍さん、先に、刀ぁー抜いたのは、そちらですぜ」

イっつぁん

「お客さん、先にピアノの蓋ぁー開けたのは、そちらですぜ」

と、なりてぇーもんだで。じゃ、サーディンと焼き豆dermes 脫毛腐を食べるぞっ! わっわっわっ、カミサンも娘もイっつぁんが早朝から、午前時とかからごそごそするから、避難しちゃったのっ! 寂しいねぇー、あたしゃ、会社を非難致しやす。むっ、むごいっ! 家庭崩壊、なの。
カテゴリーをSFとしたのだけれど、先日、私の身に起きた「生卵投げ付けられ事件」を時代劇化してみる。これは、現代フランスの時事でもあるけれど、生々しいルポみたいにはしたくないので???。私流にしてみる。

「おいおいおいっ、裕吉よ、いつからおめぇー車屋始めたんだいっ! おめぇーみてえな売れねぇー竪琴弾きはよっ、場末の茶店で蠢いてろってんだっ! 大体よっ、俺ら籠屋はよ、代官様に権利金二百五十万両払ってやってんだいっ、きさまら一文も払ってねぇーくせによ、よ、なんでぇー、黒塗りの舶来のよっ、車引きやがってっ。メルヘンデス?ベンツーなんて印籠かっ、ばぁーたれっ」
「旦那、竪琴で食えんから車引いちょるでげす。代官様よりご許可も貰っておりやす。もぐり
じゃござんせん。あの、乳母ぁーポップコーンと一緒にせんでくだされ。あたしも車屋証所持しておるんでげす。それと、わしらは事前にご証文なしではお客さん乗せられんでげす。流しじゃお客拾えん規約がごぜぇーやす」
「なにおぉー、つべこべいっとんだっ! それはしっとるがな、籠屋がてめぇーらのお陰で
よっ、商売上がったりだっ」
「旦那、わしらは、代官様、お役人様、お侍様、商人様、庄屋様、歌舞伎俳優、こういう上方のお方しかお引き致しあせん」
「ばぁーたれっ、わしら籠屋はお代官が決めた均一籠賃dermes 脫毛なんだというのに、てめぇーらは上限がねぇー、一引き二両なんてぇー、法外な銭もらっとんだろがっ!」
「へっ、それを二両編成申します」
「くだらん駄洒落はよせっ」

ざざざっーーー。籠屋組合三十人に囲まれる裕吉。

「おいっ、てめぇー、ここは通さんっ」
「そりゃー、困りやす。そこの角の庄屋様をお迎えに???」

この記事へのコメント