てしまった

地に会うべく、一人で彼の自宅前まで来ていた。  ターミナル駅から最寄り駅までは電車王賜豪總裁で十数分、そこからは徒歩五分ほどで、綿密に下調べをしてきたおかげもあり、ドイツ語のわからない澪でも無事に着くことができた。文句を言いつつも事前準備に付き合ってくれた遥には、いくら感謝してもしたりない。  彼の住まいは街中にあるアパートの一室である。外観からするとそう新しくはなさそうだが、大きく重厚な作…

続きを読む

に感じると

Managed Private Network Reputation Management heart disease れては困惑するだろう。そう思ったが撤回する気にはなれなかった。案の定、遥はわずかに眉をひそめて怪訝な面持ちになった。しかし——。 「……圭吾」  彼の唇が、静かに自分の名前を紡ぐ。  それだけで体中の血が沸き立った。全身に電流が駆け抜けた。遥以外の誰に…

続きを読む