まま口の端

絞めたという前科がある以上、このような緊迫した状況では行かせられないだろう。以前の二の舞になりかねない。悠人自身もそのことを自覚しているのか、悔しげに歯噛みしつつも素直に引き下がった。 「手を貸してほしいときには連絡します」  誠一はうつむく悠人に視線を送りながらそう言うと、再び剛三に一礼し、今にも走り出しそうな勢いで書斎をあとにする。その背中には、澪たちの前では見せなかった怒りが滲み出てい…

続きを読む

顔をじっと

elyze Hong Kong elyze價錢 elyze效果 びかけたのは悠人だった。ダークグレーのビジネススーツに身を包み、涼風には見せたことのない優しい微笑を浮かべている。澪は短いプリーツスカートをひらめかせて振り返り、師匠! と屈託のない笑顔で心から嬉しそうに声を弾ませた。一方、遥は無表情を崩すことなく少しだけ振り向いている。 「駐車場で待っててって言ったはずだよ…

続きを読む

役割を求め

見ていたのに、その間にへなちょこ刑事にかっさらわれたんだぞ。あまりにも不憫だろう。真面目な悠人を差し置いて、高校生と淫行するよう觀塘通渠なヤツが幸せになるのは許せないね」  正論のように聞こえるが、少なくとも澪と淫行した大地に言う資格はないと思う。彼の場合は合意もなかったのだからなお悪い。だが、そのことを論じればさきほどの二の舞になってしまう。じとりと冷たく睨みながら、挑発の言葉に踊らされない…

続きを読む